スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.05 GW埼玉県ガサ(キンブナとかカネヒラやら)

 下書きを書き始めたときは結構新鮮なネタだったはずなのですが、いつの間にか1ヶ月以上経ってしまっていました。おっかしいなあ。



 せっかくガサ装備を浜松から飯能に持ってきたわけで、心置きなくガサ!と、いきたかったところですが、生憎と外に出れたのはわずか1日でした。

 いくつかみておきたい種があったのですが、大雨の影響で無理だろうなあと思いつつ、チャリンコを走らせます。


RIMG5336.jpg 
 まずは自宅からさほど離れていない農業用水路。

RIMG5341.jpg
・キンブナ
 背鰭の分岐軟条が12なので、まあキンブナかなと。

RIMG5368.jpg
・キンブナ
 上とは別個体。背鰭の分(ry

RIMG5358.jpg
・ヌマムツ

RIMG5405.jpg
・タモロコ

RIMG5411.jpg
・モツゴ

RIMG5385.jpg
・トウヨシノボリ(偽橙色型?)♂
 第一背鰭が伸長していないこと、尾鰭に点列がほとんどない?(少しあるようにみえますが…。)ことなどから偽橙色型だと思いますが…。自信なし。

RIMG5393.jpg
・トウヨシノボリ(偽橙色型?)♀
 尾鰭に点列がある。あるよね?(切実
 ♂♀の特徴を合わせると疑橙色型偽橙色型だと考えられます。


 普段、汽水域ばっかり行っているせいか、なんだか久々に写真を撮るメンツばかりです。


RIMG5417.jpg
 ちょっと移動して2地点目。
 1地点目は農業用水路だったのであまり気にしませんでしたが、2地点目は大雨の影響で明らかに増水しています。これはダメかねえと思いつつ網を入れてみます。

RIMG5441.jpg
・カネヒラ
 採集当初はアカヒレタビラだと思って大喜び。
 埼玉県だとアカヒレタビラは情報不足に選定されており(埼玉県環境部自然環境課 編,2008)、放流ものの可能性も高いですが1個体しか捕まらなかったので、逃がすことにしました。
 が、よくよく写真を見返してみると背鰭の分岐軟条が12あり、早々にタビラ類が候補から外れ、カネヒラであることがわかりました。ちくしょぉぉおおおおぉ!
 埼玉県では当然外来種。 放流かどうかを疑う必要すらない。
 逃がすんじゃなかった…。

 以前も滋賀県でシロヒレタビラとカネヒラを現地で勘違いしたことがありました。
 まったく懲りてないな自分。
 まだまだ功夫が足りていません。


RIMG5479.jpg 
 水から出してみるとなんとなくアカヒレタビラっぽく見えません?
 (言い訳乙!)


RIMG5478.jpg
・トウヨシノボリ(偽橙色型?)♂
 第一背鰭が伸長していないこと、尾鰭に点列がないことから偽橙色型?
 最初の地点の個体と比べると尾鰭に点列がないことがはっきりわかります。 尾鰭の橙色も目立たない感じです。
 ただ、この川では増水のためか、この個体しか捕れなかったので♀や他個体との比較はできませんでした。

RIMG5488.jpg
・シマドジョウ
 1地点目では全然捕れませんでしたが、ここでは大漁。
 中島ほか(2012)に従うとヒガシシマドジョウになるのかな。



 3地点目はちょっと大きな河川へ。
 今までの2地点は増水の影響をそこまで感じなかったので、大丈夫だろうと調子に乗って行ってみることに。 


 轟轟とうなる本流。
 入ったら流されて確実に死にそうなくらいには荒れていました。


 以前来たときはギバチR0027706.jpg
ジュズカケハゼR0027675.jpg に混じって
コクチバスの幼魚R0027607.jpg がいたので、ちょっと気になっていたんですが・・・。
(上の三枚はサムネをクリックすると大きな画像が表示されます。)


RIMG5505.jpg
 これだけ荒れていればわんどや溜まりに魚が溜まっているんじゃないかなあと、安全に入れそうな場所を探していると、河川敷に溜まりを発見しました。
 本川と少し離れているので魚は期待できそうにないですが、前2地点で時間を食いすぎたため、もう日が落ちかかっているので早速網を入れてみます。
 
 大漁のオタマやナベブタムシ(写真撮っときゃよかった)に混じって捕れたのは・・・。

RIMG5527.jpg
・カジカ(大卵型)
 2cmくらいのおチビが結構入りました。
 増水時に逃げ込んだ個体でしょうか。にしては、周りの草が流されている形跡は無いし、本川と溜まりはちょっと離れている上に高さにも少し差があるんですが・・・。

RIMG5507.jpg 
RIMG5508.jpg
・クサガメ


 うーん、カジカのチビが進入しているので、本川とのつながりはあったはずなのですが、魚影が全然ありませんでした。残念。
 ちょっと不完全燃焼な感じはしますが、大雨の直後にしては楽しめたかな~。と、暗くなってきてしまったので言い訳して帰ることにしました。
 
  
・参考
埼玉県環境部自然環境課 編(2008) 埼玉県レッドデータブック2008 動物編 埼玉県の希少野生生物.
中島 淳・洲澤 譲・清水孝昭・斉藤憲治(2012)日本産シマドジョウ属魚類の標準和名の提唱.魚類学雑誌,59:86-95.
スポンサーサイト

平和の象徴がおわすところは









A:俺ん家!(爆


 GWは実家に帰省した管理人です。
 両親が車で静岡に来ていたので、拾ってもらって夜の東名高速を走って帰りました。
 車高が高いので風にめちゃくちゃ煽られ、夜の土砂降りで視界不良・・・ガクブルしながらの運転となりました。

 トドメのようにGWは天気の悪い日が多かったですね。
 GW前半は天気良好って言ってたヤツ表出ろ。


 閑話休題。



 実家に帰省した翌日。
 寝ていると「くるっぽー」(実際はこんな鳴き声ではないですよ?)としつこく鳴き声が聞こえるので目が覚めます。




 ベランダに出てみると



RIMG5332.jpg 
目が合いました。

 首筋のラインが美しいキジバトです。
 ドバトじゃなくキジバトってところが田舎っぽいです。さすが飯能。
 もうちょっと山寄りに住んでいれば戸袋の中にムササビが営巣してくれたりするんでしょうか。


RIMG5333.jpg
 どうやらうちのベランダの戸袋の上に巣を作りたいご様子。
 巣材が大量に落っこちています。ここに集めてから戸袋まで運ぶようです。
 オスがせっせとウチの庭からフジの枝やらを集めているのを何度か目撃しました。


 ウチはベランダに洗濯物を干すので、そんなところに巣を作られてはたまらんと、母上様から排除命令が下ります。
 もう既にちょっと糞や羽毛が落ちているので弁護できません。


 ぢつは巣材を撤去するのは今年に入ってから2回目だったりします。
 そんなに気に入ったんかコイツらは。

 確かに屋根が張り出しているので、よっぽど強風でなければ雨は吹き込みません。
 庭も、周りの家が「花壇+芝生」に対し、「手入れしてない日本庭園風」なので、巣材や餌集めには困らないのかも。

 ハトにとっては優良物件のようです。


 その後巣作りをしている話は聞かないので、なんとか諦めてくれたようです。
 追い出しておいてなんですが、他にいいところを見つけられたんでしょうか。


 GWは1日だけガサできたので、それはまた別の記事で。

年末年始の過ごし方

 本年もよろしくお願い致します。

 今更ですが、コレが本年初めての更新なので・・・。

 沖縄ブログになりつつある我が駄ブログですが、年末年始は毎回埼玉の実家に帰っているので今回はおすいぬの里帰り模様をお伝えしようと思います。


 2010.12.27(月)
 会社の大掃除。2010年最後の出社です。
 土日と連休を挟んで月曜だけ出社とか嫌がらせかと。


 2010.12.28(火)
 静岡→埼玉の移動日です。
 いつもお金をケチって青春18切符による鈍行旅行です。所要時間は5時間半~6時間ほど。
 時間が余るので小説を読んだりゲームをして過ごします。


 2010.12.29(水)
 18切符で茨城へ。
 「うみーのお魚愚痴日記」のうみへびさんにお付き合いいただいてガサです。
 うみへびさんには前日まで仕事だったにも関わらず、年末ぎりぎりまでお世話になりました。
 ありがとうございました!


 R0030427.jpg
 ・アカヒレタビラ

 R0030462.jpg
 ・チョウセンブナ

 R0030442.jpg
 ・タイリクバラタナゴ 


 新規開拓を目指してバケツの中がタイリクバラタナゴだらけになったり、
 風に吹かれながら不慣れな淡水魚釣りをしてみたりしました。(ボウズは免れました!モツゴが釣れただけでしたが・・・。)
 
 R0030423.jpg
 ・全部タイリクバラタナゴである

 お昼には噂に聞いた行方バーガーの「なめパックン」(チャネルキャットフィッシュのカマ肉を使ったバーガーだそうで)をいただき、お土産にチャネルキャットフィッシュの山椒焼きを買って帰りました。肉質はプリッとした白身で、親父と一杯やりながらおいしくいただきました。 

 CA3H00040002.jpg
 ・行方バーガー なめぱっくん
 使っているお肉は養殖物なんですね~。駆除の一助になれば・・・と思ったのですが。
 天然物だとやっぱり泥臭いんでしょうか。


 2010.12.30(木)
 昼から中学時代の友達とカラオケ→夜に高校時代の友達と呑み会。


 2010.12.31(金)
 じーさまのところに大掃除の手伝い。
 夜から地元の友達と呑み会。


 2011.1.1(土) 
 寝正月~。


 2011.1.2(日)
 タモ始め!
 正月早々、地元の川をいくつか廻りました。  

 R0030473.jpg 
 ・ウキゴリ属の一種

 R0030485.jpg
 R0030491.jpg
 ・カジカ大卵型

 前回コクチバスが見つかってしまったところに行ったら河川改修をしていてコクチはいませんでした。
 わんどあたりに大量に固まっていそうだったので駆除してやろうと思っていたこともあり少し残念。
 いなかったのはいいことですが、それで下流に分散したのでは・・・?との疑惑もあり微妙なところです。


 2011.1.3(月)
 高校時代の部活仲間+お世話になった先生を呼んで呑み会。
 呑みに行く前に友達と秋葉原に行きました。
 目的はコレ。

 R0030625.jpg 
 ・シロアゴガエル

 R0030628.jpg
 R0030627.jpg
 ・アライグマ

 R0030633.jpg
 ・ミシシッピアカミミガメのアルビノ個体(シークレット)
 シークレットなのに当たって嬉しくないのはなんでなんでしょう?
 通常色のほうが好きです。

 R0030621.jpg
 ・オオクチバス
 早速付けてみました。
 携帯ストラップって気が付いたら取れてしまっていることがあるのが困りものです。
 おすいぬは以前、イワナストラップを放流してしまったことがあるので、このオオクチバスも放流しないように気をつけなければ。


 ということで「立体カプセル百科事典 注意!!日本の外来生物ストラップ」です。
 浜松で探していたんですがみつからず、30日に友達と呑んだときに偶然話題になり、「それならアキバでみたよ」という話になり。
 1コ200円ですが、禁止マークと絡んで立体的に表現されており、結構良くできていると思います。
 アライグマとシロアゴガエル、カワユス!


 ガチャをやった後、ゲーセンで「機動戦士ガンダム 連邦vsジオンDX」を友達とやってきました。
 高校時代にリリースされ、当時は毎日のようにプレイしていた思い出の一品。
 思い出補正もありますが、リリースされてから10年近く経ってもなお、充分遊べる名作です。
 未だに連ジDXの筐体があるのも驚きですが、今でも対戦環境があるのがスゴイですね。さすがアキバ。

 三が日にも関わらず、アキバは人でいっぱいでした。
 まあがちゃがちゃやりにアキバまで遊びに行くヤツがいるくらいですからね・・・。


 2011.1.4(火)
 池袋のジュン○堂で本漁り→富士市で途中下車して大学時代の友達と食事→浜松駅着。


 2011.1.5(水)
 仕事始め。


 こうやって文章にしてみると食っちゃ寝ばっかりですね。
 ああ、体重計る気にならない(笑

 改めまして
 今年も気まぐれ更新になってしまいそうですが、よろしくお付き合い下さい。

2009.01.02 埼玉県

年明け一発目は実家に近い小河川で網入れをしてみました。
ぢつは子どもの頃、ひきこもりの文学少年だったので水辺で遊んだような記憶がありません。
魚類に興味を持ち始めて活動に参加し始めたのは神奈川県の河川だったため、埼玉県でガサしたことはほとんどありませんでした。
出身は埼玉県なのに、静岡県のほうが活動量も情報も多いという不思議な状況。
地域の活動に参加したときにいい感じの記憶があった場所にとりあえず行ってみることにしました。


護岸されていない農業用水路のような感じの小河川。
冬季ということもあって、水量は少なめで、ところどころ水深のある淵が点在している。サイタマ!

淵を中心に網を入れていくと
ヤリタナゴ
写真.1 ヤリタナゴ (埼玉県RDB:絶滅危惧ⅠA類)
・ヤリタナゴ自体は見る機会がよくあるが、県内において絶滅危惧ⅠA類に選定されている種が事前情報なしでみれたのはツキがあるというところか。

シマドジョウ
写真.2 シマドジョウ(埼玉県RDB:準絶滅危惧)
・静岡で見慣れている個体とは斑紋のパターンがかなり異なるため、なにか違うものなんじゃないかとかなり疑ってしまった(汗

トウヨシノボリ
写真.3 トウヨシノボリ
・偽橙色型?

タイリクバラタナゴ
写真.4 タイリクバラタナゴ
・もはやどこでもみることができると思われるコイツ

川幅も水量も大したことのない小河川だったが、それなりに魚種を見ることができた。
年初めのガサとしてはこんなもんだろう、と終了。
(実は家を出るのが遅かったため、写真を撮る時点で日が暮れ始めていた。ウェーダーを忘れて一度引き返したり、年初めからヌけっぱなしである。)

☆確認した魚種
オイカワ
ヌマムツ
タモロコ
ヤリタナゴ
タイリクバラタナゴ
ドジョウ
シマドジョウ
トウヨシノボリ

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

おすいぬ

Author:おすいぬ
埼玉県出身、1984年生。
現在は静岡県西部在住。

自然環境調査で給料貰って8年目。
(水質関係と兼業農家状態。水質の方が仕事が多いです。チックショイ。)

専門は日本産魚類のはず。
現在はオールマイティ化目指してお勉強中。
節足動物以上の分類群ならなんでも愛せます!たぶん。

あ~、ミサゴやオジロワシみたいに魚捕るだけで生活できるようになりたい・・。

何かありましたら下のメールフォームかosuinunetあっとまーくyahoo.co.jp までお願いします。
(お手数ですが 「あっとまーく→@」 変換して下さいね)

カテゴリ
にほんブログ村
登録してみました。 にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
お問い合わせ
苦情、要望、質問等ありましたらご利用下さい。 相互リンクも歓迎しておりま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。