スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.5.24 沖縄採集紀行Ⅱ part.5

昨日無事に自分が抱えている業務の完了検査が終わりました。

いぃやっふぅぅぅうううう!いやぁったああああああ!自由だァァアアアッ!

と、叫んだかどうかはさておきとして、やっと健康で文化的な最低限度の生活(笑)が送れそうです。

けれども、抱えている仕事が終わってしまうと新しい仕事が入るまで無職です。今採水業務も事業所回りもないし…。
今まで忙しくて掃除できなかったところを掃除したり、標本を整理したり、しばらくその日暮らしになりそうです。

定時に上がれるとか、帰れる時間が早すぎて不安です。なんというワーカーホリック。
パツキンブロンドのおねーさんがあなた疲れてるのよ…とか言ってくれそうです。


 

2011.5.24 沖縄採集紀行Ⅱ part.5


なんか最終日は安定して天気が悪いおすいぬです。
泣くな沖縄よ!また会いにくるよ・・・。ああ、僕ってばなんて詩j(ry

 

調査報告を頼りにマングローブ林を攻めようと思っていたら、立ち入りできそうにない雰囲気だったので退散。
そこを遡ってガサ入れをするものの、大量のヒナハゼの歓迎が待ち受けていました。

ガ サ 計 画 終 了のお知らせ



最終日なのにこのままでは帰れない!と周辺を散策してみます。
散策路をのんびり歩いていると、道脇の土崖からポロッと巻き貝が落ちました。
陸生貝類にしては水棲チックなので、見てみると…。


















RIMG2647.jpg
別の人がお住まいでした。
完全に防衛体制に入ってしまったのか、少し離れてしばらく待ってもピクリとも動きません。

水棲のヤドカリも壁面にくっついているヤツは近づくと体を引っ込めて転がって逃げていきますが、陸棲のヤドカリもそこは変わらないんですな。

まあ逃げるために転がるのか、ただ足を引っ込めたから踏ん張りが利かなくなって転げ落ちていくのかは本人以外にはわからないことですが、ヤドカリを探すには便利な習性だと思います。

※オカヤドカリ類は文化財保護法で天然記念物に指定されているため、個人が持ち帰って飼育することはできません。

 海岸で拾った貝殻に偶然入っていたとしても、水棲のヤドカリではなくオカヤドカリだった場合は違法行為にあたるのでご注意下さい。

 なお、国内で流通しているオカヤドカリは、捕獲数量を定めて許可を得た業者が卸しているものだそうで。

 また、植物防疫法によって外国のオカヤドカリは輸入禁止になっており、合法的に手に入るのは国産のオカヤドカリだけの模様。

 外国産のオカヤドカリを扱っているペットショップは違法だそうです。

 

閑話休題

 

一向に出てきてくれないので、籠もりっぱなしのヤドカリさんは放置して他の場所をドライブすることに。

ダム周りなどを走っているとちょっと良さそげな林道があったので歩いてみました。
朽ち木や大きな石をひっくり返してみたりしながら進んで行きますが(ひっくり返した朽ち木や石は元に戻しましょう)、あまり心躍るものが見つからないので(甲虫などは結構いたので、見る人が見ると喜ぶ…のかも?)、少しテンション下降気味です。

だらだらと歩きながら大きな朽ち木をひっくり返そうと、蹴り起こそうと見てみると。















RIMG2688.jpg
国指定天然記念物ッ!リュウキュウヤマガメッッ!

危うく天然記念物指定されている動物を蹴っ飛ばすところでした。

天気が悪くても日光浴をしたくて出てきたのでしょうか?
本当に道路脇です。



RIMG2679.jpg
おいおいチミ、そこちっとアブないんでないんかい?と話しかけながらカメラを構えてみます。ヤマガメさんは撮気に敏感ではないようです。

ほら、そんなところにいるから現在進行形でカメラを構えた怪しいおっさんが手をわきわきしながら近づいて来ているじゃないかぁwwグヘヘヘ

 
RIMG2684.jpg
と、そこで農家のおじさんに声を掛けられました。

いやこれはちがうんですけっしてつかまえてかおうとしているわけではなくてこんなみちのちかくにいたらいまわだいのろーどきるのえじきになるかとちょっといどうさせてあげようかとおもっていただけなんですでもついでにしゃしんとるくらいならべつにいいよねとかおもっ(ry


頭の中で言い訳のマシンガントークをかましますが、頭の中で思うだけで、口はついてきてくれません。
まあ実際にこんな怪しいマシンガントークしたら逆にクロだと思いますけど。

表面上はにこやかに挨拶しながら、冷や汗だらだらです。


ん?なんでそんなに汗かいてるの?
いやあこっちはあついですねえいやあこんなたいけいしているとあせっかきで…。


なんて会話はありませんでした。ないですよ本当に。


どう自身の潔白を証明しようかと考えつつ、沖縄に旅行で来ていることと、初めてリュウキュウヤマガメをみつけて感動してますと言ったら、そんなんここら辺どこにでもおるよとツレナイお返事!
まあさすが地元の農家さんと言うべきか、カメ相手にデジカメを構えているのはよくみる光景のようです。


うぅ、私の感動と冷や汗は一体…。



あと、そんな格好じゃ危ないよと教えていただきました。
その時はちょっと軽く林道をウォーキングするだけだから大丈夫だろうと思ってスニーカーで歩いていたのですが、やっぱりハブで危険とのこと。
農作業していると、刈払い機で草刈りしているとちょんぱしてしまったり、長靴に気が付いたら毒液がついていることがあるそうです(ハブの毒液は独特の臭いがするからすぐにわかるそうです)。
いやあ怖い話を聞きました。危険が危ない…。


世間話をしていたら色々おもしろいお話しも聞かせていただきました。
私が駄ブログをやっているという話になり、一回のぞいていただけるということだったのでアドレスをお渡しして別れました。
まだ見ていただいているかどうかはわかりませんが、こんな時間が経ってしまってからで申し訳ないです。

その後特にトラブルもなく、飛行機に乗りこんで帰路につきました。 


RIMG2708.jpg
機内から眺める高々度の景色はいつも私の眼を捉えて離さず、常に表情を変え、一時として同じ顔を見せることはない。
ああ、僕ってばなん(ry
さすがに飽きてきましたが天丼は基本らしいので続けます(キリッ 


RIMG2706.jpg
ぶっちゃけ飛行機は飛んでるんだから、まったく同じ風景になることはあり得ないですね ┐(´ー`)┌



おまけ


RIMG2695.jpg
5日間の走行距離。
我ながらよく走ったなあと思ったのですが、沖縄採集の先輩からは「そんなん昆虫探して夜間ひたすら林道走っていればそんなもんまだまだ」だそうです。
そんな根性ないです…orz


参考サイト様
URL:オカヤドカリの声を届けて下さいhttp://tetora.bufsiz.jp/okayado_todokete.html#koemoto2


スポンサーサイト

2011.5.23 沖縄採集紀行Ⅱ part.4

 雨が降る予報だったので、一日林道を走ってみようと目論んでいたのですが、一向に雨が降らず。
 日頃の行いが良いのも考えものです。


 当初の予定とは若干ズレましたが林道を走りつつ、沢に降りて魚を探すことにします。


RIMG2486.jpg

 ヨシノボリ類・ボウズハゼ類を探しつつ、ハブを警戒しながら沢を歩いていると、川べりにちっさいヒキガエルみたいなのが。
 沖縄県指定天然記念物ッ!ナミエガエルだッッッ!!?

 なるべく刺激しないように暫し見つめ合います。

 「コワクナイ、コワクナイヨ」とめぢからで訴えつつ、2分ほど膠着状態に。
 向うさんとしても、突如現れた大型動物(駄犬)を警戒しているのか、まったく動きません。
 これはチャンスとデジカメを取り出します。

 とそこで撮気※を感じたのか、今まで動かなかったのがウソのような大跳躍。逃げられてしまいました。
 見た目はヒキガエルだったのですが、さすがはアカガエル科のカエルといったところか。

 ※撮気(さっき)とは、カメラを構え、撮影しようと集中した際に、どんなに抑えようとしても身体から溢れてしまう気の一種である。
  駄犬の完全オリジナル造語である(ドヤァ


 …と思ってググってみたら、他に使っている方がいらっしゃいました。
 むしろ後発組?



RIMG2483.jpg
 こちら特有の動物注意の看板を眺めつつ、別の場所へ移動します。

RIMG2525.jpg

 ちょっと気になるものがあったので写真に。
 小動物脱出用のスロープが設置されている側溝です。
 …あんまり手入れはされていないようですが、堆積した落ち葉が完全に脱出路を覆ってしまわなければ、落ちたときの隠れ場所や餌場になったり、水に流されても引っかかってスロープへ誘導しやすくなるなどプラスに働くこともある?
 水を完全に詰まらせてしまうと溺死させる危険性も高くなりそうですが。
 機能性としてはどうなんでしょう?


RIMG2482.jpg
・イシガケチョウ
 河原で吸水しているところをパチリ。

RIMG2536.jpg  
・ナンヨウボウズハゼ

RIMG2548.jpg
・ナンヨウボウズハゼ

RIMG2552.jpg  
・ナンヨウボウズハゼ
 無理矢理夫婦に。

RIMG2512.jpg
・リュウキュウカジカガエル
 なんだか沖縄に来る度に写真を撮っている気がする。

RIMG2518.jpg
・リュウキュウカジカガエル


 まだみたことのないボウズハゼを探して彷徨います。

RIMG2555.jpg





…がッ、ダメッッ!
結局コイツだけでした。


RIMG2607.jpg
・クロヨシノボリ
 多分、キバラヨシノボリはいませんでした。


 ここら辺で小雨&薄暗くなってきたので、林道を走ってみます。

 聞き慣れないカエルの大合唱を聴きながら道を走っていると…。


RIMG2557.jpg
・オキナワマドボタル?
 看板にくっついていました。

RIMG2604.jpg
・ヒメアマガエル
 横っ面も撮ろうとしたら逃げられました。
 今回はカエル撮影しょぼしょぼ。



 さらに移動中、カエルの鳴き声がかなり近かったので、カエル捕まえられるかもと車を降りてみると、何か這いずるものが茂みに逃げていきます。
 ハブじゃなけりゃ咬まれても死にゃあしないっ!
 咄嗟に判断して茂みに逃げようとするヘビの尻尾を踏んづけて捕まえます。(一応ハブ対策にウェーダーを履きっぱなしで行動しています。良い子はマネしちゃダメ?

 





RIMG2594.jpg
 綺麗なアカマタさんでした。

RIMG2600.jpg
・アカマタ

RIMG2602.jpg
・アカマタ
 似非生態写真を目指したなれの果て。

 

 さらにさらに道を走っていくと、道を小さな動物が横切りました。
 どうせ間に合わないよなあ…と思いつつも、車を降ります。



RIMG2567.jpg 
 …いました。 (驚愕
 国指定天然記念物ッ!ケナガネズミッッッ!!


 まさかセンサーカメラやトラップも使わずに撮影できるとは思いませんでした。
 木に登って逃げたかったようなのですが、周囲の木から孤立している木に登ってしまったため、立ち往生してしまった模様。
 なんという僥倖。 

 木の上で動けなくなっているところを遠慮なく何枚か撮らせていただきます。ごちそうさまです!


RIMG2568.jpg
 降りてきた。
 あ、逃げられる…。


「(・ω・)「 (シャアアアアアアッ!!
(いい年した男が、本気でネズミを威嚇する様を想像して下さい。)


 渾身の威嚇が効いたのか、また上に逃げていきました。
 おお、明らかに困っている。(〃゚д゚)<カワエエ

 天然記念物でなければお持ち帰りしたい。 

RIMG25681.jpg 


 降りてきては威嚇されて上に逃げるを繰り返し、大分困っていたようなのでぷりちーなお尻を撮って一方的な撮影会はお開き。


RIMG2566.jpg 
お尻撮れてませんでした。


 実際写真を撮れた種類はこれぐらいですが、聞こえた鳴き声もカウントしたら、それなりの種類になりそうでした。
 (鳴き声の主はわからないものだらけですが…
 今度はもっと聴力を磨いてチャレンジしたいです。


 沖縄採集紀行Ⅱ part.5(最終日)に続きます。

2011.5.22 沖縄採集紀行Ⅱ part.3

約5ヶ月ぶりの沖縄記事ですね。
行ったのは1年以上前のことなので、本人もどんなことがあったのかあんまり覚えていません(爆
時間が経つのは早いですねえ(他人事


あんまり内容を覚えていないので、てきとーに捕った魚を垂れ流していきます。


まずは中流部。

RIMG2274.jpg

RIMG2277.jpg
・ユゴイ

RIMG2293.jpg
・ギンブナ?1
 在来のモノかは不明。

RIMG2308.jpg
・ギンブナ?2
 溜まりで投網を投げたら入っていた個体。
 本州のモノとは大分印象が違うような?

RIMG2298.jpg  
・カワスズメ?
 交雑していたらお手上げですが、尾鰭に横縞がないのでカワスズメ?

RIMG2297.jpg
・ナガノゴリ


潮がよくなってきたので、下流のマングローブ林へ。

RIMG2313.jpg 


RIMG2345.jpg
・ジャノメハゼ
 本日の目玉商品ですよ奥さん!(何
 沖縄本島では危機的な生息状況にあるようです。
 標本をとれば資料的価値は大きいのでしょうが、研究をしているわけでもないのでお帰りいただきました。
 というか標本取ってもでかすぎて扱いに困りそうです(汗

RIMG2355.jpg
・ジャノメハゼ
 鼻毛のように垂れる鼻管がなんともいい味を出しています。

RIMG2314.jpg
・ジャノメハゼ
 図鑑で見た感じだとひょろひょろしているのかと思ったのですが、なかなかしっかりした体格。カワアナゴ!って感じですね。

RIMG2328.jpg
・インコハゼ

RIMG2333.jpg
・オカメハゼ
 管理人の静岡県の河口域調査では1年に何匹か捕れるか捕れないかくらい。
 沖縄本島でもそこまで多く見られた覚えがありません。
 沖縄では普通に見られ、静岡でもあまり珍しく思えなくなってきたチチブモドキに比べると、絶対数が少ないんでしょうか。

RIMG2371.jpg
・ヒゲワラスボ
 何種類かいるようなのですが、駄犬にはわからないので、ヒゲワラスボとしてスルーします(汗

RIMG2377.jpg
・ヒゲワラスボ
 ご尊顔

泥地で泥まみれになった後は、上流域で道具を洗おうかと思ったのですが、写真を撮りたい魚種がいたのでドロドロのまま車に乗り込んで移動します。


RIMG2463.jpg
・グリーンソードテール
コイツらしかいないよ?どうなってんの!?


・・・目標の魚は捕れなかったのですが、近くで思わぬ出会いがありました。


RIMG2394.jpg
・オキナワキノボリトカゲ
♀?
お腹に卵を持っているように見え、動きが鈍くてほとんど逃げませんでした。

RIMG2403.jpg 
RIMG2404.jpg
・オキナワキノボリトカゲ
ご尊顔


RIMG2416.jpg
・シリケンイモリ

RIMG2414.jpg
・シリケンイモリ

知人から「腹の模様が見たい!」というリクエストがあったのでお腹率高めでお送りします(笑



そうこうしているうちに辺りは真っ暗に。
この日は軽く夜間採集をしてみることにしました。
(写真自体は同じ場所に逃がしにきた朝に撮っています。)

RIMG2417.jpg 

RIMG2435.jpg
・タナゴモドキ
また君ですか。
…だいたいどんなところにいるのか感覚的にわかってきました。
ぼかぁ、同所的にみられるというタメトモさんに逢いたいんだよぉ。なんて贅沢な悩み。
いっそのこと潜水も視野にいれてみましょうか。

RIMG2459.jpg
・オオクチユゴイ


後はイッセンヨウジとかオオウナギとか。

捕れたオオウナギはでかすぎるのとバケツが遠かったのでリリース。
70cmくらいありました。その大きさでまだ若魚なのだからスゴイもんですねぇ。

静岡で採集できたらイッセンもオオウナギも喜び勇んで拉致しますが、ここでは普通種です。
中流域で南方系魚類を狙うのはちょっと難しい(腕の問題かなあ)ため、イッセンは静岡では一度しか捕まえたことがありません。


22時過ぎくらいに取っているホテル周辺に帰ってきたのですが、晩ご飯を食べようと思ったら、ほとんどのお店は閉まっていました。
結局ご飯は某チェーンのお弁当屋さん。沖縄に来た意味ねえ!
あんまり商売っ気がないというか、早く帰らないとコンビニやチェーン店オンリーになってしまうのが夜間採集の悲しいところです。



2011.5.21 沖縄採集紀行Ⅱ part.2

 昨年の沖縄旅行まとめpart2です。
 いつもながら今更感がただよっていますが、お付き合い下さいまし。


 例の外来種天国を見に行くため、1日目の宿は本島南部で取りました。
 計算外だったのは、徹夜が響いたのか宿に帰った途端睡魔に襲われ、長時間うとうとしてしまったこと。
 ベッドに入る時間が遅くなってしまい、見事に寝坊ぶっこきました。

 ここであんまり外来種なんぞにこだわると時間を浪費してしまうため、今回は○○○ダム周辺は行くのを辞めました。
 カブトニオイガメの件で誰かさんには「外来種キング」呼ばわりされているので、キング返上の日も近いですね!
 (というかカブトニオイガメを捕ったのは私じゃないんですが・・・。)



 沖縄自動車道を使って一気に北へ抜け、北部の河川へ。


 まずは中流域


R0032173.jpg 


R0032179.jpg
・ゴマフエダイ

R0032194.jpg
・ミツボシゴマハゼ

R0032182.jpg
・ナガノゴリ 
 なんかミルソーに入れると鰭を目一杯立ててくれるので撮影が楽です。
 本人は威嚇してるんでしょうけれど。

R0032197.jpg 
R0032202.jpg
・アミメカワヨウジ
 当初はちょっと変なガンテンイシヨウジが捕れた?くらいにしか考えておらず、写真がボケボケです。
 見返しているうちにアミメカワヨウジに思えたので、日本淡水魚類愛護会の西村さんにご教示をいただきました。
 ご教示をいただいてから大分時間が経ってしまいましたが、西村さん、ありがとうございました。
 ガンテンなら沖縄本島に当然のようにいると思い込んでいたので、ガンテンイシヨウジが本島に分布していないというのも驚きでした。

R0032212.jpg
・カノコガイ?

R0032208.jpg
・シジミ科の一種
 沖縄でシジミ!?と思って撮ったヤツ。
 ヒルギシジミ系にはみえないので、移入のマシジミかタイワンシジミなんでしょうか?



 お次は、少々陽の光が心許なくなってきましたが、河口近く

RIMG2215.jpg 


RIMG2219.jpg
・クロコハゼ属の一種
 当初はちょっと変なクロコハゼが捕れた?くらいにしか考えておらず、写真がボケボケです。
 お師匠様に写真を見せていたら、これクロコハゼじゃないよねと言われて・・・。
 なんかこの日はダメダメですね。捕っているものとしては大金星なんですが。

RIMG2224.jpg
・ミナミヒメハゼ?

RIMG2234.jpg
・ミナミサルハゼ

RIMG2239.jpg 
RIMG2240.jpg
・ヒゲワラスボ

RIMG2255.jpg
・マングローブゴマハゼ



 今回から夜間もいろいろと徘徊してみることにしてみました。
 林道を走り、ダム周辺を歩いてみます。
 姿をみつけることはできませんが、カエルの鳴き声がそこら中で聞こえます。
 鳴き声の主は駄犬にはわかりませんが。


RIMG2260.jpg
・アフリカマイマイ
 ぱきゃっというと音がしたので、足下を見てみたら・・・。うじゃうじゃいました。
 外来種とはいえ、踏んでしまった子は南無。
 寄生虫を持ち帰る訳にはいかないので、靴を一生懸命洗いました。

RIMG2272.jpg
・リュウキュウカジカガエル
 水が染み出している崖地にたくさんいました。

RIMG2261.jpg 
RIMG2264.jpg
・シリケンイモリ
 側溝にいました。普通にコンクリ三面の側溝なんですが・・・。
 沖縄北部恐るべし。


 この日の夜はパッとしませんでしたが、今回の遠征の日程の中には雨の日があるので、林道に期待しつつ、この日はこれで撤収しました。

2011.5.20 沖縄採集紀行Ⅱ part.1

相変わらずの気まぐれ更新ですが、5月末に行った沖縄旅行3回目をお送りします。


前日に寝るタイミングを失った管理人は、懲りもせずに3回目も徹夜で沖縄を目指すことになりました。
徹夜のハイテンションで行けたのは自宅→浜松駅まで。
空港直行バスに乗り込んですぐに気を失いました。

気が付くと既にそこは中部国際空港でした(約2時間の仮眠)。


空港に入り、前回は窓口を間違えたので、今回は気をつけて列に並びます。
今回は間違えませんでしたよ?ええ本当に。

保安検査所では相変わらず、投網の鉛が検査に引っかかります。
投網の鉛であることを伝えると、前にもいたよね?(本当はもっと丁寧ですよ?)と声をかけられました。

どうやら係員さんに覚えられていたみたいです。




・・・顔じゃなくて荷物を。
特徴的な荷物だから仕方ないよね。


荷物回収の際に、似ている荷物の取り違え防止の案内がしつこいくらいありますが、自分には無関係な話です。
こんな装備の人間が複数いるとはとても考えられません。


RIMG2718.jpg
90リッターのザックにタモ網とサデ網が突き刺さり、ウェーダーが別の袋に入っています。
ちなみにザックの後ろにある紙袋はお土産です。帰りに撮った写真なので。



那覇空港に到着した後は特に問題なく荷物を受け取り、いつも利用しているレンタカー屋さんで車を借りていざ出発。
時間的には干潮に向かっているため、まずはトカゲハゼを見に行くことにします。


まずは砂っぽいところ。
 R0031962.jpg


トカゲハゼはみられませんが、砂だんごがたくさんあったのでちょっとカニに目を付けてみました。


R0031970.jpg
・オキナワハクセンシオマネキ

R0031980.jpg 
・オサガニ科の一種
駄犬にはよくわかりません。

R0031993.jpg
・ヒメシオマネキ


今度は軟泥が中心のところ。
R0031999.jpg 
ちょっとごみが散乱しているのが悲しいところですが、ここの箇所には集中してトカゲハゼがみられました。 



R0032015.jpg
・トカゲハゼ
ちょうど本種の繁殖期にお邪魔したので、雌へアピールしているような姿も観察できました。
しかし、コンデジでは限界が…。
ジャンプしている姿や、特徴的な背鰭を立てている写真は撮れませんでした。
泥の中で匍匐前進するような感じで、コンデジを限界まで近づけて何枚か写真を撮らせてもらいました。


R0032009.jpg 
R0032014.jpg 
・トカゲハゼ
近くに寄るとゴミの下に隠れようとしたり、胸鰭を使って体半分を泥に潜らせてみたり、一目散に生息孔に逃げ込んだりと多種多様な反応があって観察してると飽きません。

あんまり荒らすのも悪いので、潮が上がってくる前に写真を撮って、移動することにします。



体もウェーダーも泥だらけになったので、以前にも訪れた場所へ泥を落としに行きます。 
河口も河口なので、ほとんど海みたいなもんです。

R0032103.jpg 
R0032021.jpg 


R0032092.jpg
・ルリスズメ
プールになっている場所に大量にいました。

R0032094.jpg
・ルリスズメ
緊張の状態で全然体色が違います。

R0032034.jpg
・ミヤコキセンスズメダイ?
イチモンジスズメかも?駄犬には見分けがつきません。 

R0032064.jpg
・オヤビッチャ 
 
R0032073.jpg
・ミナミフトスジイシモチ 
 
R0032046.jpg
・ホホグロギンポ

R0032140.jpg
・ヤエヤマギンポ

R0032107.jpg
・アミアイゴ

R0032071.jpg
・クツワハゼ

R0032159.jpg
・ゴマモンガラ
ダイバーの間では危険生物として認識されている本種も、網に入ってしまえばこっちのもの。
まあこんなちっちゃいやつは襲ってこないでしょうが…。

R0032116.jpg
・ホホワキュウセン
この日一番の衝撃。
美しくも、どぎつい色。


遊びすぎたせいか日が落ち始め、天候が曇りなのも手伝って写真写りが悪くなってしまったので、撤収することに。
1日目はこんな感じで終了しました。

2日目に続きます。


※写真だけのなんちゃって同定ばかりなので、誤同定等ありましたらカキコいただけると嬉しいです。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

おすいぬ

Author:おすいぬ
埼玉県出身、1984年生。
現在は静岡県西部在住。

自然環境調査で給料貰って8年目。
(水質関係と兼業農家状態。水質の方が仕事が多いです。チックショイ。)

専門は日本産魚類のはず。
現在はオールマイティ化目指してお勉強中。
節足動物以上の分類群ならなんでも愛せます!たぶん。

あ~、ミサゴやオジロワシみたいに魚捕るだけで生活できるようになりたい・・。

何かありましたら下のメールフォームかosuinunetあっとまーくyahoo.co.jp までお願いします。
(お手数ですが 「あっとまーく→@」 変換して下さいね)

カテゴリ
にほんブログ村
登録してみました。 にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
お問い合わせ
苦情、要望、質問等ありましたらご利用下さい。 相互リンクも歓迎しておりま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。