スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすいぬ@内職なう(惰眠の報い、とも言う)

※今回の記事には生きている魚の写真は一切ありません。管理人が魚の標本を作っているだけです。
 解剖写真などのすぷらったーな写真は載せていませんが、イヤな予感がする方は申し訳ありませんがブラウザバックでお戻り下さい。




年末の折、皆様いかがお過ごしでしょうか?
大掃除に明け暮れている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。


え?もう年明けてるって?
またまたゴジョウダンを。


はい・・・、すみません。
下書きを書いてるときは確かに年末だったんです。

こんなブログですが、本年もよろしくお願い致します。


いきなりですが、我が家の冷凍庫の中をご紹介。
RIMG1477.jpg 
お一人様暮らしの強い味方、食パン先生が鎮座するスペースすらありません。ナンテコッタイ!

Rimg14381.jpg
冷凍焼け(冷凍中に起こる不可逆性の脱水現象)を防ぐよう、水で満たした袋に入れて冷凍するため、結構嵩張ります。
1年以上前に冷凍したものがゴロゴロ出てきます。


すぐに標本処理ができない場合の処置として、魚を冷凍することを中途半端に覚えた結果、こうなりました。


あくまでも標本処理が「すぐに」できない場合の「やむを得ず」の処置のはずなのですが、人間は怠惰を覚えるとロクなことをしませんね(遠い目で他人事のようにほざいてみる

このままでは食パン先生も冷凍食品様も保管することができず、標本を精査することも不可能なので仕方なく展鰭作業をすることに。
展鰭というのは昆虫屋さんでいうところの展翅作業と同じです。
使う道具もシガ昆虫針という昆虫用の針を使っています。
RIMG1442.jpg 



RIMG1451.jpg
ダイミョウサギです。
展鰭めんどい!と、何もしないでホルマリンにぶち込むとこのままの状態で固まってしまうので、各部の鰭などが観察しづらくなってしまいます。

針で鰭を広げて固定していきます。
RIMG1452.jpg
広げ終わったらホルマリンを入れてしばらく待つと鰭が広がった状態で固定されます。

針を外してもこの通り。
RIMG1459.jpg 


RIMG1462.jpg
背鰭が広がっているので鰭条数が数えやすいです。ヤッタネ!


びふぉーあふたー
RIMG1451.jpg 
↓ ↓

RIMG1459.jpg 


中にはあんまり触りたくないものも。コワイ。

RIMG1467.jpg 



RIMG1469.jpg 
死んでいても棘は普通に刺さりそうなので、慎重にやっていきます。


RIMG1472.jpg
背鰭の鰭膜が破れちゃってますね。へたくそです。





これもある種の大掃除・・・?
まだまだ闘いは続きます。

RIMG1466.jpg
たくさん入ってる(泣

参考
木村浩之 編(2009)「魚類標本の作成と管理マニュアル 鹿児島の生物多様性を記録するボランティア養成教材」(http://www.museum.kagoshima-u.ac.jp/staff/motomura/FishCollectionManual-L.pdf 2012.12.22参照)
スポンサーサイト

2011.4.29 Q:スズメのお宿はどこにある?

















A:ボンネットの中。


 私が勤めている会社は、周りを田んぼや畑に囲まれていて、結構のどかな感じの場所にあります。


 帰宅途中にはタヌキやイタチを目視することもあり、今の時期(※記事を書いてる5月末のことです)はトノサマガエルやツチガエル、ニホンアマガエルなどがよく鳴いています。


 当然スズメも多く、会社の屋上の縁にはスズメが並んで日向ぼっこしている姿がよくみられます。
 ほら、今も巣材をくわえたスズメが社用車の中に吸い込まれて・・・


って、オイ。


 どうやら車前面の通気孔からボンネット内に侵入して巣作りしているようです。
 異物を詰め込まれて炎上してはたまらないので、同僚と一緒に巣材を排除することにします。


CA3H0019.jpg 
こんな隙間に・・・。


CA3H0020.jpg
出てくる出てくる。






 巣材をかき出していると別の車で作業していた同僚から無言で差し出されたものが・・・。







CA3H0023.jpg 
事後でした。

CA3H0021.jpg 
 スケールを入れ忘れて大きさが伝わらないのが残念ですが、重量もそれなりにあり、あの小さなスズメが産むまでこれだけの卵を抱え込んで飛んでいるのだとしたらかなりの負担になると思います。


 そのままにしておくわけにもいかず、スズメには悪いですが取り除かせてもらいました。
 ずっと放置している車だったらいい場所を見つけたものだなあと感心するところですが、いかんせん場所が悪かったなあ。


 こんな月刊ブログを訪問してくださっている皆様も、スズメが車の周りで不穏な動きをしていたらお気を付けを。



~5月末~
 ウチの会社は1Fに倉庫があり、調査機材は駐車場に面しているシャッターを開けて車に積むことができます。
 シャッターを開けっぱなしにしていると巣材をくわえたツバメが中を飛びまわっていることが。
今度はツバメかっ!

ドジョウとカラドジョウ

 今回は2011.2.6 静岡県(ナガレホトケドジョウ・ちょこっと汽水ガサ)の補足です。


 >こうしてみるとヒゲの長さがドジョウとカラドジョウ的な感じで違うのがわかります。

 文章だけじゃ判りにくいということで少ないですが写真を載せてみます。

  ドジョウ2  Misgurnus anguillicaudatus
 ・ドジョウ(静岡県産)

  R0019378.jpg
 ・ドジョウ(滋賀県産)

  R0015412.jpg
 ・カラドジョウ(静岡県産)

  R0020144.jpg
 ・カラドジョウ(埼玉県産)

 カラドジョウは、一番上のヒゲの長さが「吻から眼までの距離」より長く、ヒゲを折り返すと眼に届いてしまうくらい長いのがわかります。 (カラドジョウの口ヒゲは眼径の約4倍、ドジョウの口ヒゲは眼径の2倍以下)

 後は、カラドジョウの方が尾柄高が高くなる点、体色が茶褐色や黄土色の個体が多く、ドジョウに比べて体色が明るい点で見分けられるようです。


 以下、管理人のお勉強用です。


・ドジョウ Misgurnus anguillicaudatus
コイ目ドジョウ科ドジョウ属 

分布:
ほぼ日本全国に分布


・カラドジョウ Paramisgurnus dabryanus
コイ目ドジョウ科カラドジョウ属

分布:
青森県、秋田県、山形県、岩手県、宮城県、群馬県、栃木県、茨城県、長野県、神奈川県、埼玉県、千葉県、静岡県、愛知県、 奈良県、香川県、石川県(管理人が調べた限りでは17県情報あり)

原産地:
中国、朝鮮半島、台湾島、海南島、インドシナ半島

備考:
「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)」において、要注意外来生物に指定されている。


参考
瀬能・松沢.2008:日本の外来魚ガイド.文一総合出版,東京.
国立環境研究所 侵入生物データベース (http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/index.html 2011.3.9確認)
(社)農村環境整備センター[田んぼの生きもの調査] (http://www.acres.or.jp/Acres/chousa/main.htm 2011.3.9確認)
環境省へようこそ! 要注意外来生物に係る情報及び注意事項(http://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/caution/detail_gyo.pdf 2011.3.9確認)
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

おすいぬ

Author:おすいぬ
埼玉県出身、1984年生。
現在は静岡県西部在住。

自然環境調査で給料貰って8年目。
(水質関係と兼業農家状態。水質の方が仕事が多いです。チックショイ。)

専門は日本産魚類のはず。
現在はオールマイティ化目指してお勉強中。
節足動物以上の分類群ならなんでも愛せます!たぶん。

あ~、ミサゴやオジロワシみたいに魚捕るだけで生活できるようになりたい・・。

何かありましたら下のメールフォームかosuinunetあっとまーくyahoo.co.jp までお願いします。
(お手数ですが 「あっとまーく→@」 変換して下さいね)

カテゴリ
にほんブログ村
登録してみました。 にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
お問い合わせ
苦情、要望、質問等ありましたらご利用下さい。 相互リンクも歓迎しておりま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。