スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.5.24 沖縄採集紀行Ⅱ part.5

昨日無事に自分が抱えている業務の完了検査が終わりました。

いぃやっふぅぅぅうううう!いやぁったああああああ!自由だァァアアアッ!

と、叫んだかどうかはさておきとして、やっと健康で文化的な最低限度の生活(笑)が送れそうです。

けれども、抱えている仕事が終わってしまうと新しい仕事が入るまで無職です。今採水業務も事業所回りもないし…。
今まで忙しくて掃除できなかったところを掃除したり、標本を整理したり、しばらくその日暮らしになりそうです。

定時に上がれるとか、帰れる時間が早すぎて不安です。なんというワーカーホリック。
パツキンブロンドのおねーさんがあなた疲れてるのよ…とか言ってくれそうです。


 

2011.5.24 沖縄採集紀行Ⅱ part.5


なんか最終日は安定して天気が悪いおすいぬです。
泣くな沖縄よ!また会いにくるよ・・・。ああ、僕ってばなんて詩j(ry

 

調査報告を頼りにマングローブ林を攻めようと思っていたら、立ち入りできそうにない雰囲気だったので退散。
そこを遡ってガサ入れをするものの、大量のヒナハゼの歓迎が待ち受けていました。

ガ サ 計 画 終 了のお知らせ



最終日なのにこのままでは帰れない!と周辺を散策してみます。
散策路をのんびり歩いていると、道脇の土崖からポロッと巻き貝が落ちました。
陸生貝類にしては水棲チックなので、見てみると…。


















RIMG2647.jpg
別の人がお住まいでした。
完全に防衛体制に入ってしまったのか、少し離れてしばらく待ってもピクリとも動きません。

水棲のヤドカリも壁面にくっついているヤツは近づくと体を引っ込めて転がって逃げていきますが、陸棲のヤドカリもそこは変わらないんですな。

まあ逃げるために転がるのか、ただ足を引っ込めたから踏ん張りが利かなくなって転げ落ちていくのかは本人以外にはわからないことですが、ヤドカリを探すには便利な習性だと思います。

※オカヤドカリ類は文化財保護法で天然記念物に指定されているため、個人が持ち帰って飼育することはできません。

 海岸で拾った貝殻に偶然入っていたとしても、水棲のヤドカリではなくオカヤドカリだった場合は違法行為にあたるのでご注意下さい。

 なお、国内で流通しているオカヤドカリは、捕獲数量を定めて許可を得た業者が卸しているものだそうで。

 また、植物防疫法によって外国のオカヤドカリは輸入禁止になっており、合法的に手に入るのは国産のオカヤドカリだけの模様。

 外国産のオカヤドカリを扱っているペットショップは違法だそうです。

 

閑話休題

 

一向に出てきてくれないので、籠もりっぱなしのヤドカリさんは放置して他の場所をドライブすることに。

ダム周りなどを走っているとちょっと良さそげな林道があったので歩いてみました。
朽ち木や大きな石をひっくり返してみたりしながら進んで行きますが(ひっくり返した朽ち木や石は元に戻しましょう)、あまり心躍るものが見つからないので(甲虫などは結構いたので、見る人が見ると喜ぶ…のかも?)、少しテンション下降気味です。

だらだらと歩きながら大きな朽ち木をひっくり返そうと、蹴り起こそうと見てみると。















RIMG2688.jpg
国指定天然記念物ッ!リュウキュウヤマガメッッ!

危うく天然記念物指定されている動物を蹴っ飛ばすところでした。

天気が悪くても日光浴をしたくて出てきたのでしょうか?
本当に道路脇です。



RIMG2679.jpg
おいおいチミ、そこちっとアブないんでないんかい?と話しかけながらカメラを構えてみます。ヤマガメさんは撮気に敏感ではないようです。

ほら、そんなところにいるから現在進行形でカメラを構えた怪しいおっさんが手をわきわきしながら近づいて来ているじゃないかぁwwグヘヘヘ

 
RIMG2684.jpg
と、そこで農家のおじさんに声を掛けられました。

いやこれはちがうんですけっしてつかまえてかおうとしているわけではなくてこんなみちのちかくにいたらいまわだいのろーどきるのえじきになるかとちょっといどうさせてあげようかとおもっていただけなんですでもついでにしゃしんとるくらいならべつにいいよねとかおもっ(ry


頭の中で言い訳のマシンガントークをかましますが、頭の中で思うだけで、口はついてきてくれません。
まあ実際にこんな怪しいマシンガントークしたら逆にクロだと思いますけど。

表面上はにこやかに挨拶しながら、冷や汗だらだらです。


ん?なんでそんなに汗かいてるの?
いやあこっちはあついですねえいやあこんなたいけいしているとあせっかきで…。


なんて会話はありませんでした。ないですよ本当に。


どう自身の潔白を証明しようかと考えつつ、沖縄に旅行で来ていることと、初めてリュウキュウヤマガメをみつけて感動してますと言ったら、そんなんここら辺どこにでもおるよとツレナイお返事!
まあさすが地元の農家さんと言うべきか、カメ相手にデジカメを構えているのはよくみる光景のようです。


うぅ、私の感動と冷や汗は一体…。



あと、そんな格好じゃ危ないよと教えていただきました。
その時はちょっと軽く林道をウォーキングするだけだから大丈夫だろうと思ってスニーカーで歩いていたのですが、やっぱりハブで危険とのこと。
農作業していると、刈払い機で草刈りしているとちょんぱしてしまったり、長靴に気が付いたら毒液がついていることがあるそうです(ハブの毒液は独特の臭いがするからすぐにわかるそうです)。
いやあ怖い話を聞きました。危険が危ない…。


世間話をしていたら色々おもしろいお話しも聞かせていただきました。
私が駄ブログをやっているという話になり、一回のぞいていただけるということだったのでアドレスをお渡しして別れました。
まだ見ていただいているかどうかはわかりませんが、こんな時間が経ってしまってからで申し訳ないです。

その後特にトラブルもなく、飛行機に乗りこんで帰路につきました。 


RIMG2708.jpg
機内から眺める高々度の景色はいつも私の眼を捉えて離さず、常に表情を変え、一時として同じ顔を見せることはない。
ああ、僕ってばなん(ry
さすがに飽きてきましたが天丼は基本らしいので続けます(キリッ 


RIMG2706.jpg
ぶっちゃけ飛行機は飛んでるんだから、まったく同じ風景になることはあり得ないですね ┐(´ー`)┌



おまけ


RIMG2695.jpg
5日間の走行距離。
我ながらよく走ったなあと思ったのですが、沖縄採集の先輩からは「そんなん昆虫探して夜間ひたすら林道走っていればそんなもんまだまだ」だそうです。
そんな根性ないです…orz


参考サイト様
URL:オカヤドカリの声を届けて下さいhttp://tetora.bufsiz.jp/okayado_todokete.html#koemoto2


スポンサーサイト
02 | 2013/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

おすいぬ

Author:おすいぬ
埼玉県出身、1984年生。
現在は静岡県西部在住。

自然環境調査で給料貰って8年目。
(水質関係と兼業農家状態。水質の方が仕事が多いです。チックショイ。)

専門は日本産魚類のはず。
現在はオールマイティ化目指してお勉強中。
節足動物以上の分類群ならなんでも愛せます!たぶん。

あ~、ミサゴやオジロワシみたいに魚捕るだけで生活できるようになりたい・・。

何かありましたら下のメールフォームかosuinunetあっとまーくyahoo.co.jp までお願いします。
(お手数ですが 「あっとまーく→@」 変換して下さいね)

カテゴリ
にほんブログ村
登録してみました。 にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
お問い合わせ
苦情、要望、質問等ありましたらご利用下さい。 相互リンクも歓迎しておりま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。