スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.6.13 沖縄島旅行part.3

 午前中は研究会でした。めくるめくマニアックな世界!深い、深いです・・・。

 帰りの便が全く一緒、特に今後の予定無し、レンタカーを借りるのもこれから、
と、拉致するのにはおあつらえ向きな人が研究会の参加者の中にいらっしゃったので、
我が車に拉致することに成功しました。以降、二人旅です。


 研究会が終わったのはちょうど干潮のときだったので、まずは南東部の干潟へ。

R0026355.jpg
写真.1 トカゲハゼ
 おチビちゃんがたくさんぴょこぴょこしていました。
 が、大きな個体はみつからず。
 コイツを貼ると大体どこにいったかバレてしまいそうですが・・・。

R0026333.jpg
写真.2 スジハゼA
 静岡県でもみることができるコイツ。
 最初はキララハゼ属の一種(キララハゼ)を捕ったと思って喜んでました。

R0026344.jpg
写真.3 キララハゼ属の一種(キララハゼ)?
 なんだみんなスジAかよ~、と思っていたら。
 BでもないCでもない?と安直な消去法で。

R0026358.jpg
写真.4 ツムギハゼ
 毒持ちのこの子に親近感を覚えたり。(毒吐き的な意味で)
 体型も丸っこくてフグみたいな印象を受けました。

R0026366.jpg
写真.5 ナミハゼ
 おチビちゃん。大きいのはpart.4で。

 他にはスナゴハゼを捕った覚えがあるのですが、初採集にも関わらず写真を取り忘れた模様・・・orz


 次いで、沖縄自動車道を使って一気に沖縄島北部へ。
 あまり運転慣れしていない管理人にとって、沖縄の人たちは運転が穏やかで心安らかに運転できました。
スピードを出して追い抜いていくのは大抵“わ”ナンバーですね・・・。

 ただ、管理人が1~2日目を過ごした那覇市は片側2車線の車道が多いわりに、右折レーンが設置されている
交差点が少ない印象でした。
 そのため、左車線を走っていると路駐が邪魔で車線変更し、右車線を走っていると右折待ちの車が邪魔で
車線変更としょっちゅう車線変更をしなければならない感じでした。
 地元の人はそれで慣れきってしまっているのか強引に車線変更してくる車が多く、ちょっと怖かったです。
 初めて行く人はお気をつけを。


 そうして着いた沖縄島北西部の河川中流域で網を入れてみます。

R0026384.jpg
写真.6 オオウナギ
 おおにょろにょろですが、こにょろにょろです。早口言葉?

R0026416.jpg
写真.7 シマヨシノボリ
 琉球列島の個体はやっぱり印象が違いますね。

R0026422.jpg
写真.8 ナンヨウボウズハゼ
 これまたおチビちゃん。管理人は捕れませんでしたが、同行者さんに捕っていただきました。

R0026413.jpg
写真.9 オキナワオオミズスマシ
 これまた同行者さんに。「たくさんいたよ?」と言われましたが管理人は見つけられず orz
 魚しか目に入らない視野狭窄な管理人です。観察眼無し?
 ホントにミズスマシ?という大きさ。
スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

先日はお疲れ様~
トカゲやツムギいいねぇ~。
いつかは沖縄の泥掬いやってみたい\(^o^)/
本土とは違う生物相に興味津々です。

※メールと写真待ってるよ。宜しく!!

No title

こんばんは、日淡会の方から来ました。
掲示板へのコメントありがとうございます。

トカゲハゼを見に行かれたのですね。私は高速を終点まで乗ってしまいました。
あの辺りも、開発等でかなりひどいことになっているようですね。トカゲハゼが健在でなによりです。
私は今回、シオマネキにはまってしまいました。何種類もいる事に驚いています。

那覇の道路は同感ですね。
無意味な車線変更を求められ怖い思いをしました。
酒気帯び運転が多そうですし、夜は特に用心ですね。

No title

コメントありがとうございます。


ガクさん

 超亀レスで申し訳ないです・・・。
メールはちゃんと届いたようで何よりです。

 泥干潟も普通の河口域も、中流域も・・etcetcと魅力に満ちていて、いつまでも居たくなってしまいます。
 沖縄は恐ろしいところです。


アヤヨシさん

 トカゲハゼは感動しました。マッドスキッパーはよいものです。

>あの辺りも、開発等でかなりひどいことになっているようですね。

 某研究会でもトカゲハゼに関しては明るい話題がなくて残念でした。

 甲殻類も固有の種が多くて、探すのが楽しいですね。
 今回みられたシオマネキ類はベニシオマネキだけでしたが、もともとハクセンシオマネキしかみたことがなかったので、しばらく彼らのウェービングに魅入っていました。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

おすいぬ

Author:おすいぬ
埼玉県出身、1984年生。
現在は静岡県西部在住。

自然環境調査で給料貰って8年目。
(水質関係と兼業農家状態。水質の方が仕事が多いです。チックショイ。)

専門は日本産魚類のはず。
現在はオールマイティ化目指してお勉強中。
節足動物以上の分類群ならなんでも愛せます!たぶん。

あ~、ミサゴやオジロワシみたいに魚捕るだけで生活できるようになりたい・・。

何かありましたら下のメールフォームかosuinunetあっとまーくyahoo.co.jp までお願いします。
(お手数ですが 「あっとまーく→@」 変換して下さいね)

カテゴリ
にほんブログ村
登録してみました。 にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
お問い合わせ
苦情、要望、質問等ありましたらご利用下さい。 相互リンクも歓迎しておりま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。