スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.26 沖縄採集紀行part.1

 潮の関係もあるので、まずは6月にも訪れた外来魚の楽園○○○ダムを目指します。



~東北遠征へ行く途中、車中でのガクさんとの会話にて・・・~

ガクさん「おすいぬ君ってさ、外来魚好きだよね。」
おすいぬ「な、何故!?」


 根拠もないのに外来魚スキーのレッテルを貼られては困ります。
 変な誤解が広がりそうだし。


ガクさん「だってさ、ヨコシマドンコみたいって言い始めたのもおすいぬ君でしょ?」
ガクさん「それに普通、初沖縄で○○○ダムなんて行かないでしょ。滋賀の遠征でもジルテラピア捕ってたし」
おすいぬ「・・・」


 めでたく外来魚スキーに認定されたおすいぬです。


 確かに、日本の淡水魚類にはないフォルム、原産地で築かれたであろう特殊な生態、
もともといない地域で勢力0から定着して在来の生物種を圧倒するまでの経緯。
(逆にチョウセンブナのように絶滅が危惧(?)されるような種や導入に失敗した種もいますが、それはそれで興味深い。)
 言われてみると結構興味はあるかもしれません。


 それに外来種の勢力0から定着→爆発的な繁殖は希少魚類の保全にも通じるものがあると思います。
 国内外来種になりますが九州地方のイチモンジタナゴはかなり増えているみたいですし、
原産地では絶滅が危惧されるような種でも、その種にとって生息に適した生息基盤があれば
少数が放流されただけでも定着して増殖するわけですし。

 それを水系、遺伝子の多様性、環境許容量etcetc…(考えるのがめんどくさくなったわけではない。知識がないからごまかしているわけでも(ry )を配慮して、生息基盤が整備された本来の生息域でやれば、他地域での外来種問題レベルで増えるんじゃないかと。

 博物館・水族館で保護増殖されているレベルでは近交弱性などの心配もあり、
実際はそういった生息基盤があやしいから絶滅危惧種になっているわけで、環境を整備しようとしたら某かの弊害も出てくるのでしょうが・・・。


 そういえば少数が放流されて定着した外来種どもには近交弱性の概念は
存在しないんでしょうか。
 もしくは創始者効果による亜種の発生とかは?
 そういうのを原産地の個体と日本の個体で調べた人っていないんでしょうか?


 と、考えるだけならただなので、興味がわいてくるのも事実。



閑話休題



 ガクさんに外来魚スキーの烙印を押されたおすいぬは開き直って
「外来種に定評のあるおすいぬ」になるべく、
○○○ダムを目指します。

 まあ静岡県にもナイルテラピアなんかは生息しているところがあるので、見慣れておくことに越したことはありません。
 べんきょー、べんきょーと誰にともなく言い訳をしつつ、○○○ダムの流出水路に降りていきます。


R0029383.jpg

 真っ先に捕れるのはやっぱりこいつら

R0029432.jpg
・グッピー

R0029426.jpg
・カダヤシ

R0029409.jpg
・マダラロリカリア

R0029418.jpg
・ナイルテラピア





 しばらくガサっているとなにやら黄色と黒のブチという小汚いやつが網に入ります。






R0029401.jpg
R0029404.jpg
・ウォーキングキャットフィッシュ(ヒレナマズ)
 英名は少しでも湿っている環境があれば、地面を這って生息域を広げる様からだそうで・・・。
 実際バットに入れておくとすぐに飛び出して、ズルズルとすごい勢いで這っていくのをみました。
 (他の魚種の写真を撮るのに夢中になっているといつの間にかバットからいなくなっていて
 5mくらい先にいたり)


 「ウォーキングキャットフィッシュは伊達じゃない!」
(アムロ調で。ネタ知らない人はごめんなさい。)


 沖縄本島にいるのは基本的にこの小汚い黄変個体のようですね。
 外来魚しかいない場所とはいえ、トンボのヤゴなどの水生昆虫もみられる(水昆も外来種だったらどうしよう・・・。)ので肉食性のこいつには死んでもらうことにします。

 ただ、陸に捨てるだけだと這ってどっかに行ってしまいそうなので、自分でトドメをささなければなりません。
 まあ駆除するのであれば、無責任に陸に捨てるだけでなく、死ぬまでの苦しみを少しでも和らげてやるのが駆除する人間のマナーだとは思います。

 アメザリなんかでそれを実践して剥き身なんかにするとドン引きされますが、おすいぬはそういうことも考えているんですよ!と声高に主張したい。



 次に採捕したのは白と黒のシマシマ。



R0029396.jpg
・コンビクトシクリッド
 地味~なシクリッドです。

R0029399.jpg
 同一個体ですが、ミルソーから出した方が色合いがきれいにみえます。



 相変わらず外来魚しかみられません。
 以前より確認種を順当に2種増やしましたが、外来種だけなのが悲しいところです。




 潮がいい感じの時間になってきたので、以前にトカゲハゼの稚魚がみられたところを見に行くことにします。
 大きくなったやつがみられるといいな・・・と思ったら。

R0029447.jpg


R0029467.jpg
・セスジボラ?

R0029474.jpg
・ハスジマハゼ

R0029458.jpg
・マサゴハゼ?

・チチブモドキ
・ミナミトビハゼ

 くらいしかみられず・・・。


 みつからないので躍起になって干潟の奥にいったら膝上まで泥に埋まったり、
どんどん潮が上がってきてあせったり、日が落ちるのが予想以上に早かったり・・・。


 11月末じゃトカゲハゼにとっては遅かったんでしょうか?
 ミナミトビハゼは普通にいたのにな。


 次は繁殖期で闘争しているトカゲハゼをみてみたいなと思いつつ、泥だらけの体を引きずって
車まで戻っていくおすいぬでありました。


 沖縄採集紀行part.2へ続く。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

○○○ダム、外来種だらけですね。
実は同じ場所に去年の2月に行きました。
シクリッドの仲間がたくさん捕れましたよ。
自分もかなりの外来魚スキーかもしれませんね(笑)



No title

naru さん

コメントありがとうございます。

外来魚スキー仲間ができました!


>シクリッドの仲間がたくさん捕れましたよ。

カワスズメ類、テラピア類とかでしょうか?

ダム本体でしか確認されていない種もいるようなので、
水路に流下する種と何が違うのか、そういったことを考えるのもおもしろそうですね。

No title

今晩は~

先のメールは忠告ということで・・・・

あの会話かなり根に持っていたんだね~
でも2回目の沖縄も初っ端、外来魚探し・・・・・・
もう間違いなく外来魚スキ決定!!v-218

大学で帰化生物についていろいろ調べた時期があるのですが、繁殖力が強いから増えたというよりは、環境破壊などである生き物がいなくなったところに(ニッチ)入りこんで定着するようで、安定した生態系では中々入り込めないようです。

No title

ガク さん

 ご忠告ありがとうございます。
 心に留めておくようにします。


 ガクさんが仰っているのは人造空きニッチ型の外来生物でしょうか。
先駆植物によくみられるタイプですよね。
 人為改変によって外来種が入り込みやすくなる。そうやって考えると、外来種問題は最初から最後まで人為影響のせいですよね。

 オオクチバス、アメリカザリガニなどのようにもともと日本では空位の生態的地位を埋めるような形で入って定着しているような種や、オオタナゴのようにもともと類似した生態をもっている種がいるにも関わらず定着しているような種もいるので、様々なパターンがあって興味深いと思います。
 それで捕食圧を受けている種や競合で負けている種にとってはたまったものではないですが・・・。

No title

こんばんは

いろんな意味で面白いところですね。
クララですね~まだ出会ったこと無いです。それにしても黄化個体が生き残って繁殖しているって、どんだけ凄い生命力なんですかね、たまげます。
画像をみて思ったのですが、マダラロリカリアと熱帯魚のヒポプレコ(並プレコ)って別モンなんですかね?!

トカゲハゼは残念でしたね。でも来年も行く理由が出来ましたね(笑)

No title

アヤヨシ さん

 コメントありがとうございます。
 返信が遅れてしまい、すみません。

 クララの黄化個体は、淵に潜んでいても丸わかりなくらい目立ちます。
 胸鰭には毒があるので、自衛力は高いのかもしれません。
 刺そうとするような仕草はみられませんでしたが。

>マダラロリカリアと熱帯魚のヒポプレコ(並プレコ)って別モンなんですかね?!

 あわわわ、プレコはプレコとしか考えていなかったので、そういったことを考えたことはありませんでした。
 簡単にネットで探しただけだとマダラロリカリア=ヒポプレコという扱いになっているように思いますが・・・。

>でも来年も行く理由が出来ましたね(笑)

 来年も年2回は・・・(笑)

No title

今年もお付き合い頂き有難うございます。
と言っても更新あまりしてないね~
でも色々勉強になりました
良いお年をお迎え下さい!

No title

ryu-oumi さん


遅レスになってしまってすみません。
昨日まで埼玉にいました。

こちらこそいつも気まぐれ更新にお付き合いいただき、ありがとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

なるべく放置にはならないように頑張ります。
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

おすいぬ

Author:おすいぬ
埼玉県出身、1984年生。
現在は静岡県西部在住。

自然環境調査で給料貰って8年目。
(水質関係と兼業農家状態。水質の方が仕事が多いです。チックショイ。)

専門は日本産魚類のはず。
現在はオールマイティ化目指してお勉強中。
節足動物以上の分類群ならなんでも愛せます!たぶん。

あ~、ミサゴやオジロワシみたいに魚捕るだけで生活できるようになりたい・・。

何かありましたら下のメールフォームかosuinunetあっとまーくyahoo.co.jp までお願いします。
(お手数ですが 「あっとまーく→@」 変換して下さいね)

カテゴリ
にほんブログ村
登録してみました。 にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
お問い合わせ
苦情、要望、質問等ありましたらご利用下さい。 相互リンクも歓迎しておりま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。