スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.7.28 滋賀県巡り

 季節感もない夏の記事で恐縮です。
 下書きはいつから温めていたのか、覚えていません(爆


 うみへびさんにお声掛けいただいて、きつねさん、Masaさんと一緒に滋賀県に遠征にいきました。

 各々目的があり、時間もあまり余裕がなかったので、写真撮影とかはかなりざっくりですがご勘弁を。


 浜松駅近くの駅で待ち合わせ、Masaさんに車を出していただいて出発です。
 4人も同好の士がいると、車中でのネタに困りません。
 いささか口下手な僕としては非常に助かります。


 そうこうしているうちに滋賀県へと入り、早速お魚捕りに励みます。


 まずは滋賀県北部でタナゴ類探し。
 ヤリタナゴとアブラボテがぼちぼち、ビワヒガイなども捕れましたが、今回の管理人の目標物ではないので写真も撮らず。


 お昼をコンビニで済ませつつ、琵琶湖北西部で採集。


 琵琶湖に流入する小水路の河口を見ていくと、浅瀬をバシャバシャと波立たせる群れが。
 うみへびさんがハスの群れだと教えてくれたので、投網をぶん投げます。

RIMG5990.jpg
RIMG5992.jpg
 ・ハス
 一投でこれだけ。雑魚なども遊漁の対象としているところでは禁止にされるのも頷けます。調査とはいえ、何匹のオイカワを投網で屠ってきたことか・・・。


RIMG5996.jpg
 ・ハス

RIMG6002.jpg  
 ・ハス
 ご尊顔。
 くへ口が素敵です。


 河口が狭くなっていたので、うみへびさんにタモ網を並べて構えてもらっていたら、投網からもれたヤツがうみへびさんの網にも入りました。

 学生をやっていたころに、淵の下流側にサデ網とタモ網を並べてカバーしつつ、3~4人で投網を広げながら淵の形にあわせて落とすということをやっていたことがありました。
 投網を投げてもうまく広がらなかった頃の苦肉の策でしたが、割とヤマメなんかがまとまってタモ網に入ったり(投網の方に入ったことはほとんどなかったので追い立てるためだけ絨毯爆撃)していました。


 ただのおもひで話なんですが、なんとなーくそんなことを思い出しました。
 漁具も人も、単一ではなくフォローしあうことによって大きな相乗効果が得られるものです
 ( ̄ー+ ̄)ドヤァ

 
 それはさておき、投網は使う場所をいろいろな意味で選ばなければいけませんが、ハマると凶悪の一言です。
 ・・・「いろいろな意味で選ぶ」ってのが、かなり問題なんですが。

 まずは規制。
 静岡県では内水面漁業調整規則で投網が「知事の許可を受けなければならない」漁具に指定されているので、使う前に許可を取る必要があります。
 なお、調査・研究が目的の場合でも適用されるので、その場合は「特別採捕許可証」なるものの申請をします。
 ・・・個人では申請したことがないので、そもそも許可が下りるのかもよくわかりませんが。

 どの県も「○○県 漁業調整規則」あたりでググれば、内水面と海関係の漁業調整規則が見られると思いますので、興味のある方は是非ご一読下さい。
 投網がオーケーなのに、セルビンがダメだったり、県によって規制内容も変わりますので、その地域の特色や内情が想像できて楽しいです。

 また、各都道府県で規定されている内水面漁業調整規則で禁止されていなくても、漁協さんの管理下にある河川では各漁協ごとに制限されている場合があり、注意が必要です。
 採捕許可を取ってやっていても、巡視している漁協さんに声をかけられたりするので、規制されている県、漁協さんの管理下にある河川ではいらんトラブルに巻き込まれないよう、皆さんお気をつけを。


 そして環境。
 池沼や港湾、河川下流域などではナニが沈んでいるかわからないので、迂闊に投網を打つと網がモノに引っかかって即死する場合があります。
 特に、底が見えない淵などは要注意ですね。流木なんかがあると目も当てられません。そういうところにかぎって魚が捕れそうな気配がするのがなんともジレンマですね。
 私の今まででの一番の大物は自転車。網がハンドルに絡まり、穴だらけになりました。
 川に自転車捨てるんじゃねえよ!

 つらつらと書きましたが、使える環境では非常に有用な漁具です。網をぶん投げるとか、思いついて作った先人達はスゴイ。

 今まで国内移入もののちびハスしかみたことがなかったので、大型の個体が捕れて投網様々。満足です。


RIMG6017.jpg 
RIMG6013.jpg
 ・ビワヨシノボリ
 同じ場所の湖岸で採集したビワヨシ。

 その後、タナゴ釣りをちょろっとやって、上流部へ。
 最近みていなかったアジメドジョウを探しに行きます。


RIMG6027.jpg
 ・アジメドジョウ

 同じ場所でズナガニゴイやギギを捕ったことがあるのですが、しばらく来ない間に増水を何度か経験したせいか環境が変わっており、今回は捕れず。
 

 日帰りの強行軍でしたが、久々にご一緒するメンツで、充実した採集が楽しめました。
 
 久々に会って話してみると、みなさんご多用な様子でしたが、またご一緒しましょう。
 しかし、これだけ更新が遅れておいて、4人中一番乗りの更新ってどういうことでしょう?(爆
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

OHH!
ハス、いいですね。
婚姻色がとても眩しいです。
霞ヶ浦の流入河川で、一度遡上する群れを見たことがあります。
実際網に入るとこういった感じなんですね。
への字口がとてもカッコイイです。

No title

アヤヨシさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

現場で捕れたてホヤホヤのときはもっと色が出ていたかな~と野外で成魚捕った感動補正で思うのですが、これがコンデジの限界でしょうか・・・。
なかなかデジイチに手が出せません。

あまり大きくはない個体ばかりの遡上群でしたが(30overの個体がいたら投網をぶち破られていたかも)、バシャバシャ水しぶきを上げながら遡上している姿が印象的でした。迫力があってカッコよかったです。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

おすいぬ

Author:おすいぬ
埼玉県出身、1984年生。
現在は静岡県西部在住。

自然環境調査で給料貰って8年目。
(水質関係と兼業農家状態。水質の方が仕事が多いです。チックショイ。)

専門は日本産魚類のはず。
現在はオールマイティ化目指してお勉強中。
節足動物以上の分類群ならなんでも愛せます!たぶん。

あ~、ミサゴやオジロワシみたいに魚捕るだけで生活できるようになりたい・・。

何かありましたら下のメールフォームかosuinunetあっとまーくyahoo.co.jp までお願いします。
(お手数ですが 「あっとまーく→@」 変換して下さいね)

カテゴリ
にほんブログ村
登録してみました。 にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
お問い合わせ
苦情、要望、質問等ありましたらご利用下さい。 相互リンクも歓迎しておりま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。