スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.5.23 沖縄採集紀行Ⅱ part.4

 雨が降る予報だったので、一日林道を走ってみようと目論んでいたのですが、一向に雨が降らず。
 日頃の行いが良いのも考えものです。


 当初の予定とは若干ズレましたが林道を走りつつ、沢に降りて魚を探すことにします。


RIMG2486.jpg

 ヨシノボリ類・ボウズハゼ類を探しつつ、ハブを警戒しながら沢を歩いていると、川べりにちっさいヒキガエルみたいなのが。
 沖縄県指定天然記念物ッ!ナミエガエルだッッッ!!?

 なるべく刺激しないように暫し見つめ合います。

 「コワクナイ、コワクナイヨ」とめぢからで訴えつつ、2分ほど膠着状態に。
 向うさんとしても、突如現れた大型動物(駄犬)を警戒しているのか、まったく動きません。
 これはチャンスとデジカメを取り出します。

 とそこで撮気※を感じたのか、今まで動かなかったのがウソのような大跳躍。逃げられてしまいました。
 見た目はヒキガエルだったのですが、さすがはアカガエル科のカエルといったところか。

 ※撮気(さっき)とは、カメラを構え、撮影しようと集中した際に、どんなに抑えようとしても身体から溢れてしまう気の一種である。
  駄犬の完全オリジナル造語である(ドヤァ


 …と思ってググってみたら、他に使っている方がいらっしゃいました。
 むしろ後発組?



RIMG2483.jpg
 こちら特有の動物注意の看板を眺めつつ、別の場所へ移動します。

RIMG2525.jpg

 ちょっと気になるものがあったので写真に。
 小動物脱出用のスロープが設置されている側溝です。
 …あんまり手入れはされていないようですが、堆積した落ち葉が完全に脱出路を覆ってしまわなければ、落ちたときの隠れ場所や餌場になったり、水に流されても引っかかってスロープへ誘導しやすくなるなどプラスに働くこともある?
 水を完全に詰まらせてしまうと溺死させる危険性も高くなりそうですが。
 機能性としてはどうなんでしょう?


RIMG2482.jpg
・イシガケチョウ
 河原で吸水しているところをパチリ。

RIMG2536.jpg  
・ナンヨウボウズハゼ

RIMG2548.jpg
・ナンヨウボウズハゼ

RIMG2552.jpg  
・ナンヨウボウズハゼ
 無理矢理夫婦に。

RIMG2512.jpg
・リュウキュウカジカガエル
 なんだか沖縄に来る度に写真を撮っている気がする。

RIMG2518.jpg
・リュウキュウカジカガエル


 まだみたことのないボウズハゼを探して彷徨います。

RIMG2555.jpg





…がッ、ダメッッ!
結局コイツだけでした。


RIMG2607.jpg
・クロヨシノボリ
 多分、キバラヨシノボリはいませんでした。


 ここら辺で小雨&薄暗くなってきたので、林道を走ってみます。

 聞き慣れないカエルの大合唱を聴きながら道を走っていると…。


RIMG2557.jpg
・オキナワマドボタル?
 看板にくっついていました。

RIMG2604.jpg
・ヒメアマガエル
 横っ面も撮ろうとしたら逃げられました。
 今回はカエル撮影しょぼしょぼ。



 さらに移動中、カエルの鳴き声がかなり近かったので、カエル捕まえられるかもと車を降りてみると、何か這いずるものが茂みに逃げていきます。
 ハブじゃなけりゃ咬まれても死にゃあしないっ!
 咄嗟に判断して茂みに逃げようとするヘビの尻尾を踏んづけて捕まえます。(一応ハブ対策にウェーダーを履きっぱなしで行動しています。良い子はマネしちゃダメ?

 





RIMG2594.jpg
 綺麗なアカマタさんでした。

RIMG2600.jpg
・アカマタ

RIMG2602.jpg
・アカマタ
 似非生態写真を目指したなれの果て。

 

 さらにさらに道を走っていくと、道を小さな動物が横切りました。
 どうせ間に合わないよなあ…と思いつつも、車を降ります。



RIMG2567.jpg 
 …いました。 (驚愕
 国指定天然記念物ッ!ケナガネズミッッッ!!


 まさかセンサーカメラやトラップも使わずに撮影できるとは思いませんでした。
 木に登って逃げたかったようなのですが、周囲の木から孤立している木に登ってしまったため、立ち往生してしまった模様。
 なんという僥倖。 

 木の上で動けなくなっているところを遠慮なく何枚か撮らせていただきます。ごちそうさまです!


RIMG2568.jpg
 降りてきた。
 あ、逃げられる…。


「(・ω・)「 (シャアアアアアアッ!!
(いい年した男が、本気でネズミを威嚇する様を想像して下さい。)


 渾身の威嚇が効いたのか、また上に逃げていきました。
 おお、明らかに困っている。(〃゚д゚)<カワエエ

 天然記念物でなければお持ち帰りしたい。 

RIMG25681.jpg 


 降りてきては威嚇されて上に逃げるを繰り返し、大分困っていたようなのでぷりちーなお尻を撮って一方的な撮影会はお開き。


RIMG2566.jpg 
お尻撮れてませんでした。


 実際写真を撮れた種類はこれぐらいですが、聞こえた鳴き声もカウントしたら、それなりの種類になりそうでした。
 (鳴き声の主はわからないものだらけですが…
 今度はもっと聴力を磨いてチャレンジしたいです。


 沖縄採集紀行Ⅱ part.5(最終日)に続きます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは

2枚目の画像ですが、ヨロイボウズとかいそうな感じがしますけどね。
とても良さそうな場所です。

ヒメアマガエルは可愛いですね。跳ねるというよりは、ぶっ飛んでいくような逃げ方が良いですよね。私も何匹か見かけましたが、一枚も写真には押さえられなかったです。あの逃げ方には付いていけません~。

ケナガネズミも、お顔を押さえられていて羨ましいです。
カエル好きには、今の時期が1番良さそうですね。
行きたくなってきましたよ~。

No title

アヤヨシ さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

なかなかナンヨウさん以外のボウズさんが捕れず、ヤキモキしてしまいます(笑
まだ潜水したことがないので、そろそろ選択肢に入れるべきかなと…。


>跳ねるというよりは、ぶっ飛んでいくような逃げ方が良いですよね。

 解ります…。ホントにぶっ飛んでいきますねアイツらは。


 カエル系の早春の産卵期を、私もいつか押さえにいきたいです。
 年度末が近いので、仕事をしている限りは無理そうな感じなのですが。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

おすいぬ

Author:おすいぬ
埼玉県出身、1984年生。
現在は静岡県西部在住。

自然環境調査で給料貰って8年目。
(水質関係と兼業農家状態。水質の方が仕事が多いです。チックショイ。)

専門は日本産魚類のはず。
現在はオールマイティ化目指してお勉強中。
節足動物以上の分類群ならなんでも愛せます!たぶん。

あ~、ミサゴやオジロワシみたいに魚捕るだけで生活できるようになりたい・・。

何かありましたら下のメールフォームかosuinunetあっとまーくyahoo.co.jp までお願いします。
(お手数ですが 「あっとまーく→@」 変換して下さいね)

カテゴリ
にほんブログ村
登録してみました。 にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
お問い合わせ
苦情、要望、質問等ありましたらご利用下さい。 相互リンクも歓迎しておりま~す。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。